「仙台城二の丸と川内武家屋敷地―東北大学川内キャンパスの歴史遺産―」を発行しました。

部門助教野本禎司、藤方博之が参加する東北アジア研究センター共同研究「仙台城の利用実態に関する復元的研究―近世東北地方の城郭比較分析―」の成果印刷物として、「仙台城二の丸と川内武家屋敷地―東北大学川内キャンパスの歴史遺産―」(A4・8頁、観音折り)を作成いたしました。
本パンフレットは、仙台城のなかでも二の丸(東北大学川内南キャンパス)と川内武家屋敷地(同北キャンパス)を主な対象として、「仙台城絵図」(市立米沢図書館所蔵、岩瀬家文書)と題しながら川内武家屋敷地を含んで描いた珍しい構図の仙台城絵図の紹介を中心にいたしました。東北大学埋蔵文化財調査室の発掘調査の蓄積を基盤として、文献史学側の歴史資料調査の成果をふまえ、武家屋敷地の住環境の実態を意識して紹介しております。
このホームページでPDFをダウンロードできます。また、東北大学史料館、仙台市博物館に設置しておりますので、お手に取っていただけましたら幸いです。(野本禎司)

PDFファイル=ダウンロード

 

 

 

 

 

 

 

〈参考URL〉
◎東北アジア研究センター共同研究
「仙台城の利用実態に関する復元的研究―近世東北地方の城郭比較分析―」
http://www.cneas.tohoku.ac.jp/news/2020/research82.html
◎東北大学史料館
http://www2.archives.tohoku.ac.jp/
◎仙台市博物館 ※現在、臨時休館中です
https://www.city.sendai.jp/museum/