部門ニューズレター『史の杜』10号が完成しました。

このたび、部門ニューズレター『史の杜』10号が完成しました。東北地方の古文書を取りあげたコラムをはじめ、調査・展示の最前線で活躍する自治体職員の方々にもご寄稿いただいています。是非ご一読ください。(藤方博之)

【目次】
部門長を退任するにあたり(平川新)
古文書のひろば① 古文書にみる「屏風山」復興の軌跡(萱場真仁)
古文書のひろば② 藻巻―要害の堀の維持管理(野本禎司)
広げよう、古文書の輪 南郷古文書を読む会(安部長徳)
調査の現場から① 古文書を「見る」人に、歴史をどう伝えるか(管野和恵)
調査の現場から② 利府町鈴木家文書の保全と調査について(谷野俊平)
上廣歴史資料学研究部門2020年度の活動

 

 

 

 

 

 

 

「史の杜」10号(PDF)