本文へスキップ

東北大学東北アジア研究センター Tohoku University Center for Northeast Asian Studies

今年度の活動Works this year

  • 仙台放送ニュースアプリ、東北大学ポケットガイド「テクルペ」にコラム「歴史家の仕事から:人々の生活を支える質屋」を掲載しています。
    仙台放送ニュースアプリと、東北大学ポケットガイド「テクルペ」に、荒武賢一朗執筆のコラム「歴史家の仕事から」を連載中です。現代社会に生きる私たちが歴史を振り返ってみることの意味を問いかけています。下記をご参照いただき、ぜひご一読ください。(荒武賢一朗)

    □仙台放送ニュースアプリ(http://ox-tv.jp/nc/app/)
      ⇒「仙台放送ニュースアプリ」で検索をお願いします。
      ⇒ニュースアプリ内の「コラム」カテゴリーで確認できます。
    □東北大学ポケットガイド「テクルぺ」(
    http://tohoku-univ.ox-tv.co.jp/)
      ⇒スマホでもPCでもみることができます。
      ⇒テクルペ内の「新着情報」またはコラムのキーワードで確認できます。


  • 2019年度東北大学夏季古文書講座を開講しました。
    公開講座
    2019819日(月)から23日(金)の5日間、東北大学東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門主催「東北大学夏季古文書講座」を実施しました。この講座は、学生・大学院生を対象に東北地方の歴史資料を調査・研究する人材の育成、今後の歴史資料保全やその活用を積極的におこなう環境作りを目的とした集中講義です。
    今回の受講生は事前に応募をされた5名(東北大学1、シカゴ大学1、奈良大学1、明治大学2名)、東北大学日本語教育特別課程で学ぶ留学生2名(イタリア、オーストラリア出身)の合計7名でした。講義では初めて学ぶ学生にあわせた古文書の「イロハ」から始まり、江戸時代によく使われていた用語・人名・元号などを学び、社会の様子がわかる歴史資料を解読しました。
    最初は文字そのものが読めないという段階から徐々にくずし方の特徴をとらえ、最終的には文章の内容理解まで到達するという5日間でした。江戸時代のくずし字を読めるのは、「日本人だから」「日本語ができるから」「日本に住んでいるから」という理由ではありません。もちろん現代の日本語が基礎になりますが、日本の歴史・文化について深く勉強したいという意志から上達がみえてきます。7名のみなさんは熱心に受講し、その成果は大きなものだったと感じています。

    講座の折り返しにあたる821日(水)には研修として、宮城県白石市・角田市に出かけました。白石市では、「ギャラリー アル・スィラージュ(古代オリエント:ランプの博物館)」や白石城を見学しました。ギャラリーでは文化財の保全に関する知識を得たほか、白石城の展示では城郭・城下町を解説していただきました。また、旧家の邸宅を保存・活用されている角田市郷土資料館では建築様式や東日本大震災後の復元過程、そして地域文化の継承について多くを学んだような次第です。この講座の主たる目標は「古文書を読む」ことにありますが、実際に地域のなかで文化を感じることはとても重要なことだと思います。
    くずし字は読んだことがないという人に、まずは資料に何が書いてあるのか、読んでみるとおもしろい、そして研究してみよう、という順序で、「おもしろさ」を実感してもらうのが本講座の意義です。ここからさらに興味が深まっていくことになれば大変うれしいです。(荒武賢一朗)
  



  • 「東北アジア研究センター秋季古文書歴史講座」開催のお知らせ。
    公開講座「東北アジア研究センター秋季古文書歴史講座」受講の申し込みの受付を開始いたしました。本講座の詳細は、PDFファイルをご覧下さい。なお受講には事前申し込み(8月30日締め切り、先着100名まで)、受講料が必要となりますので、あらかじめご承知おき下さいますようお願い致します。

    【問い合わせ先】
     uehiro(at)grp.tohoku.ac.jp  (at)は@に変更
     東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門(担当・藤方)
     詳しくは→PDFファイル参照

    ※事前申し込みの受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございま
     した。受講が決定した方には、受講決定通知をお送りいたします。ご来場を
     お待ちしております。



  • 講演会:第3回「みちのく歴史講座」開催のお知らせ。
    9月28日(土)に、講演会「みちのく歴史講座」を開催いたします。この「みちのく歴史講座」は、私たちが住み暮らす地域の歴史を学ぶことを目的としています。今回は、近現代の女性史研究がご専門の佐藤和賀子先生から、東京ニコライ堂の女子神学校と宮城の人びととの関わりについてご講演をいただきます。
     日時:2019年9月28日(土)13時~15時(受付開始12時30分)
     講師:佐藤和賀子氏(仙台白百合女子大学非常勤講師)
     演題:「明治期ニコライ堂の女子神学校と宮城のハリストス正教徒」
     会場:東北大学川内北キャンパス
        マルチメディア教育研究棟2階マルチメディアホール
       ※地下鉄東西線川内駅下車
        (駐車場スペースがございませんので、公共の交通機関をご利用ください)
       ※入場無料・事前申し込み不要
     主催:東北大学東北アジア研究センター

     問い合わせ:東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門(担当・藤方)
           Tel: 022-795-3140
           E-mail: uehiro(at)grp.tohoku.ac.jp (at)は@に変更
     詳しくは→PDFファイル参照



  • 第2回みちのく歴史講座が終了しました。
    2019年7月27
    日(土)の午後、東北大学川内北キャンパスで「第2回みちのく歴史講座」を開催しました。講師に渡辺尚志先生(一橋大学大学院教授)をお迎えし、「江戸時代、出羽国村山地方の百姓たち」と題してお話いただきました。幕末維新期における村山地方(山形県)の百姓たちの日常(郡中議定)と非日常(世直し一揆)のできごとを丁寧にご説明いただき、彼らにとっての明治維新像を展望する大変魅力的な内容でした。ご講演からは、個々の歴史事象を直接的に物語る資料だけでなく、周辺資料を丹念に追いかけることの重要性を再認識いたしました。当日ご参加いただい方は228名にのぼり、アンケート用紙からは先生のやさしい語り口ともあいまって理解を深められた方が多くおられたことがわかりました。講演後に設けられた先生への個別質問時間にできた長蛇の列も印象的でした。(野本禎司)
   
  「第2回みちのく歴史講座」のようす


  • 川北古文書学習会(1学期)を開催しました。
    2019年4月18日から7月25日の毎週木曜日3校時の時間帯に計14回、川北古文書学習会を開催いたしました。授業ではありませんが、「古文書が読めたらいいのに」と関心をもっている学部1・2年生を中心に、附属図書館職員の方も交替で参加いただきました。「くずし字事典」の使い方、古文書の言い回しに戸惑いながらも、古文書解読に必要となる基礎知識を着実に習得している様子がわかりました。古文書を実際に読んだことで、くずし字判読のよろこびだけでなく、少しでも江戸時代や地域の歴史に対する興味関心を深める機会となっていれば大変うれしいです。
    川北古文書学習会は、2学期も同じ曜日・時間帯に開催いたします。古文書解読上達の一番の近道は継続することです。古文書に親しむ場として気軽にご参加ください。(野本禎司)
  



  • 2019年度東北アジア研究センター春季古文書講座を開講しました。
    2019年6月6日から7月11日の間、東北アジア研究センター春季古文書講座(全5回)を開講いたしました。3月末に募集を開始したところ、数日のうちに定員を満たし、およそ100名のみなさんにご参加いただきました。
    第1回・第2回は藤方博之(部門助教)が講師を務め、江戸時代の武家における婚姻や養子相続に関するテキストで学習をおこないました。初めて古文書解読に取り組まれる方々も多くいらっしゃいましたので、史料を読むための基本的な約束事や、大名と家臣の関係などについても解説し、武士たちの家のあり方や、社会の状況を知っていただけたと思います。
    第3回から第5回は荒武賢一朗(部門准教授)が担当し、明治維新における流刑者(島流し)の願書や、仙台藩主が領内の温泉を訪問する記録を取り上げました。江戸時代によく使われていた用語を説明し、古文書の内容がわかると知らなかった歴史的事実が浮かび上がる、というような「おもしろさの体感」を基本としながら、熱心に勉強をされるみなさんと情報を共有できたと感じています。
    古文書を読みたい、もっと歴史を深く知りたい、といった受講者の関心に少しでもお手伝いができたならば大変うれしいことです。そして、今回ご参加くださった方々が古文書の勉強を続けていただけたらと、せつに願います。(荒武賢一朗)

    春季古文書講座のようす(2019年7月4日撮影)


  • 平川新・部門長が仙台市の特別市政功労者として表彰されました。
    7月1日、仙台国際センターにて開催された仙台市市制130周年記念式において、平川新・部門長が特別市政功労者として表彰されました。
    受賞理由は次のとおりです。
    「新たな防災・減災のまちづくりの研究を通じて、東日本大震災からの復興と地域社会の発展に貢献されるとともに、人材育成に尽力され、本市の発展に寄与された」
     


  • アメリカ・シカゴ大学でTHE UNIVERSITY OF CHICAGO 2019 Reading Kuzushiji Workshopが開催されました。
    2019年6月17~21日、シカゴ大学にて「2019 Reading Kuzushiji Workshop」(くずし字解読ワークショップ)」が開催されました
    。シカゴ大学と部門が連携しておこなうワークショップは、今年で6回目となりました。今回は部門から講師として藤方を派遣し、江戸~明治時代の古文書解読についての講義を実施しました。シカゴ大学の教員・大学院生のほか、アメリカ・カナダの大学で日本研究をされている方々を中心に、合計19名のみなさんが参加されました。日本研究といっても専門分野は多様で、今回は美術史や文学を専門とされる方がやや多いメンバー構成となりました。
    ワークショップは、最初の3日間は初心者クラスと経験者クラスに分かれ、4・5日目は両者が合流して全体クラスとして行われました。藤方は、経験者クラスと全体クラスの講師を担当し、大名家臣の婚姻や相続に関する史料をテキストとして取り上げました。問題関心はそれぞれですが、みなさん熱意をもってワークショップに臨み、終了時には各自5日間の成果と新たな課題を獲得していたように見受けられました。
    6月22日にはシンポジウムが開催され、ワークショップのオーガナイザーであるスーザン・バーンズ氏(シカゴ大学教授)の挨拶のあと、藤方が基調講演「相続事例からみる大名家臣の『家』」を行いました。その後、参加者のなかから5名の方の研究報告があり、アメリカにおける最新の日本研究に触れることができました。
    貴重な機会を下さったバーンズ氏をはじめ、関係者のみなさまに厚く御礼を申し上げます。(藤方博之)

     
    ワークショップのようす(2019年6月21日撮影)



  • 調査報告:『白石実業新報』の翻刻作業から―「白上鉄道」に関する記事について―。
    部門では、白石市図書館との共同調査を実施していますが、同館には明治時代以降に地元で発行された新聞がたくさんありました。
      白石市役所ホームページ「白石市図書館所蔵 地元発行新聞等の目録」
       http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/31/13110.html
    今回は、そのなかから『白石実業新報』をご紹介します。『白石実業新報』は、宮城県刈田郡白石町(現:白石市)で、明治44年(1911)2月11日から大正3年(1914)4月21日のあいだ、毎月3回発行されていました(全部で116号)。内容は政治、経済、商況、地域の学校行事など多岐にわたり、当時の白石の状況や人々の関心事の一端を知ることができます。
    たとえば、白石―上山(現:山形県上山市)間を結ぶ路線「白上鉄道」の布設に関する記事が30件近くみられます。明治時代中期から、宮城県と山形県で鉄道布設を求める動きがあり、「奥羽六県ヲ貫通スル中央山脈ノ横断、通路中最モ容易ニシテ安全」などの理由で、白石から七ヶ宿(現:宮城県七ヶ宿町)を通り上山へ至る路線が構想されたのです。記事には地元で誘致を推進する期成同盟会の動向、許認可をおこなう鉄道院に対する一喜一憂、将来への展望を述べるなど、さまざまな内容がみられます。結果的に白上鉄道は開通に至りませんでしたが、当時鉄道の整備がいかに重要かつ急務であったか、またその実現のために人々がどのように尽力したのかを、新聞記事から読み取ることができます。
    部門では現在、この『白石実業新報』の翻刻作業をおこなっています。ゆくゆくはその成果を広く公開し、皆さまにご活用頂けることを目指しています。(阿部さやか)
    



  • 仙台放送ニュースアプリ、東北大学ポケットガイド「テクルペ」にコラム「歴史のなかで「トイレ」を考える」、Yahoo!ニュースに「「トイレ」から考える日本の文化〈東北大コラム〉を掲載しています。
    仙台放送ニュースアプリと、東北大学ポケットガイド「テクルペ」に、荒武賢一朗執筆「歴史家の仕事から」を連載中です。また、タイトルは異なりますが、同じ内容がYahoo!ニュースでも配信されました。現代社会に生きる私たちが歴史を振り返ってみることの意味を問いかけています。下記をご参照いただき、ぜひご一読ください。(荒武賢一朗)

    □仙台放送ニュースアプリ(http://ox-tv.jp/nc/app/)
      ⇒「仙台放送ニュースアプリ」で検索をお願いします。
      ⇒ニュースアプリ内の「コラム」カテゴリーで確認できます。
    □東北大学ポケットガイド「テクルぺ」(
    http://tohoku-univ.ox-tv.co.jp/)
      ⇒スマホでもPCでもみることができます。
      ⇒テクルペ内の「新着情報」またはコラムのキーワードで確認できます。

    □Yahoo!ニュース
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00010000-oxv-l04

  • 歴史資料保全活動:事務補佐員の活動。
    部門では、現在5名の事務補佐員が古文書をはじめとした歴史資料の整理に取り組んでいます。こうした整理作業は歴史資料を後世に残すための基礎となるものです。発見された歴史資料を専用の封筒や箱へ収納し、一点一点の写真撮影をすることが中心となる活動です。これらの作業を遂行するためには、古文書撮影に適したデジタルカメラの使い方や三脚の設置方法、古文書の置き方や押さえ方など、効率的かつ正確に行う調査のノウハウに慣れていかなければなりません。扱う歴史資料の年代は近世から近現代まで幅広く、また古文書や掛け軸といった様々な形態があり、それぞれに扱い方も違います。事務補佐員はこれまで培った経験を活かしながら、確実に作業を進め、歴史を未来へと受け継いでいくための歴史資料保全活動を支えています。(井上瑠菜)




  • 講演会:第2回「みちのく歴史講座」開催のお知らせ。
    7月27日(土)に、講演会「みちのく歴史講座」を開催いたします。「みちのく歴史講座」は、私たちが住み暮らす地域の歴史を学ぶことを目的としています。今回は、江戸時代の村落史研究がご専門の渡辺尚志先生から、出羽国村山地方(現山形県)に関するテーマでご講演をいただきます。
     日時:2019年7月27日(土)13時~15時(受付開始12時30分)
     
    講師:渡辺尚志氏(一橋大学大学院社会学研究科教授)
     演題:「江戸時代、出羽国村山地方の百姓たち」
     会場:東北大学川内北キャンパス
        マルチメディア教育研究棟2階マルチメディアホール
       ※地下鉄東西線川内駅下車
        (駐車場スペースがございませんので、公共の交通機関をご利用ください)
       ※入場無料・事前申し込み不要
     主催:東北大学東北アジア研究センター

     問い合わせ:東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門(担当・藤方)
           Tel: 022-795-3140
           E-mail: hiroyuki.fujikata.c7(at)tohoku.ac.jp (at)は@に変更
     詳しくは→PDFファイル参照


  • 古文書講座:片平古文書会のご紹介。
    片平古文書会は、くずし字の解読を行いながら、江戸時代の社会や文化を学ぶ自主的サークルです。部門が携わった古文書講座の受講生有志によって、2013年に結成されました。2018年10月からは、藤方が同会の講師を担当しています。くずし字解読に加え、古文書の内容に立ち入った勉強に関心をおもちの方は、下記までご一報ください。(藤方博之)


     <片平古文書会>

     内容:江戸時代の古文書を輪読します(予習・復習が必要となります)
     日時:概ね毎月第1・3水曜日13時00分~1530
     会場:概ね仙台市青葉区片平市民センターにて開催
     *会場が近隣の公共施設に変更になることがあります。
      事前にお問い合わせ頂ければ、日時・会場をご案内致します。
     【問い合わせ先】
      藤方博之 hiroyuki.fujikata.c7(at)tohoku.ac.jp

     
    「片平古文書会」のようす(このときは仙台市戦災復興記念館にて開催)


  • 古文書講座:川北古文書学習会、開催中です。
    部門では、開設当初から東北大学内で学生向けの古文書講座を実施しています。今年度より「川北古文書学習会」という名称で、引き続き、全くの初級者を対象に古文書の判読・解読方法を少しずつ学んでいます。現在、学部1・2年生を中心に、大学院生、附属図書館職員の方々にご参加いただき、学期中の毎週木曜日13時から14時30分まで、川北合同研究棟4階436教室にて開催しています。テキストには附属図書館狩野文庫(http://www.library.tohoku.ac.jp/collection/)の「新見記録」(旗本・新見正登、正路の二代にわたる史料)を使用しています。授業ではありませんので、途中参加でも、少し覗いてみるだけでも大丈夫です。資料はこちらで用意しております。ご関心のある方は、筆記用具だけご持参いただき、直接会場にお越しください。お問い合わせは下記までお願いします。(野本禎司)
    【問い合わせ先】
     野本禎司 teiji.nomoto.a6(at)tohoku.ac.jp
  
 「川北古文書学習会」のようす(2019年5月9日撮影)


  • 古文書講座:白石古文書サークル、今年度も活動中です。
    宮城県白石市で毎月1回、「白石古文書サークル」を開催しています。2013年から始まって、通算50回以上の講座をおこなってきました。まさに「継続は力なり」ですが、発会当初から参加されているみなさんのがんばりや、さらには「初めての古文書講座」を受講されて本格的に学習してみようと入会された方々が集まり、それぞれに努力をされていることが一番の成果です(2019年4月現在の会員数26名)。サークルでは、白石に伝来する古文書を中心に、江戸時代における人々の生活や文化について学び、「いまに活きる知識」の習得を目指しています。(荒武賢一朗)


     【白石古文書サークル:今後の予定】
      ・5月29日(水) 10:00-12:00
      ・6月26日(水) 10:00-12:00

      ※会場:白石市中央公民館 第2研修室
           http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/30/405.html
       講師:荒武賢一朗(部門准教授)
       ご関心のある方は、荒武賢一朗 kenichiro.aratake.c2(at)tohoku.ac.jp
       までお知らせください。(at)は@に変更。


    白石古文書サークル(2019年4月24日撮影)


  • 古文書講座:「岩出山古文書を読む会」岩出山教室のご紹介。
    部門では、大崎市で活動する「岩出山古文書を読む会」に2012年度より講師を派遣しています。2018年10月からは、藤方が同会の岩出山教室(中級)の講師を担当しています。月に2回のペースで、古文書の解読と解釈について講義しています。同会では参加者を随時募集しておりますので、ご関心をお持ちの方は下記までご一報下さい。(藤方博之)


     <岩出山古文書を読む会 岩出山教室(中級)>
     内容:江戸時代・仙台藩領の古文書を輪読します
        (予習・復習が必要となります)

     日時:概ね毎月第1・3火曜日13時30分~1530
     会場:大崎市岩出山地区公民館
     *岩出山古文書を読む会では、岩出山教室のほかに古川教室を開催していま
      す。こちらについても、ご関心のある方は下記までお問い合わせ下さい。
     【問い合わせ先】
      藤方博之 hiroyuki.fujikata.c7(at)tohoku.ac.jp


    岩出山教室」のようす


  • 第1回みちのく歴史講座が終了しました。
    2019年3月22日(金)の午後、東北大学川内北キャンパスで「第1回みちのく歴史講座」を開催しました。この講座は、東北大学東北アジア研究センター主催の春季古文書講座・秋季古文書歴史講座の関連企画として立ち上げ、「みちのく(東北地方)」の歴史・文化について深く勉強してみようという目的で始めました。

    記念すべき第1回の講師にお迎えしたのは高橋美貴先生(東京農工大学教授)で、「山林資源と仙台藩―18世紀前半の史料から見る仙台藩の御林―」と題してお話しをいただきました。高橋先生のご講演は、現在も東北地方で広がる緑ゆたかな山々を、地域の人々がどのように利用していたのか、そして資源と産業の関係など、時代や分野を超えてさまざまなテーマに波及する内容が大変魅力的でした。当日ご来場くださった方は合計155名にのぼり、講師への質問も大いに盛り上がり、出席者各位の豊富な経験や知識、さらなる学習意欲を改めて認識した次第です。(荒武賢一朗)


    「第1回みちのく歴史講座」のようす


  • 部門ニューズレター『史の杜』7号が完成しました。
    このたび、部門ニューズレター『史の杜』7号が完成しました。2018年度の活動を詳しく紹介しています。是非ご一読ください。
     【目次】
      古文書のひろば① 旧仙台藩領温泉古文書の活用と保存
      古文書のひろば② 譜代大名を支える家臣の日常業務
      古文書のひろば③ 御舟入堀に架設された大代浮動橋と賃銭橋
      史料保全の現場から 仙台藩砲術師範家に残された扁額をめぐる雑感
      上廣歴史資料学研究部門2018年度の活動
      ⇒「史の杜」7号(PDF)


  • 東北アジア研究センター古文書講座のお知らせ。
    公開講座「東北アジア研究センター古文書講座」受講の申し込みの受付を開始致しました。本講座は、古文書解読の初級者・中級者を対象に開講致します。今年度の詳細は、PDFファイルをご覧下さい。なお受講には事前申し込み(4月12日締め切り、先着100名まで)、受講料が必要となりますので、あらかじめご承知おき下さいますようお願い致します。
    【問い合わせ先】
     藤方博之 hiroyuki.fujikata.c7(at)tohoku.ac.jp
     詳しくは→PDFファイル参照

    ※事前申し込みの受付は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございま
     した。受講が決定した方には、受講決定通知をお送りいたします。ご来場を
     お待ちしております。


  • 川北古文書学習会のご案内。
    部門では、学内向け古文書講座を4月より開講致します。全くの初級者を対象にした講座で、簡単なくずし字から読み始め、古文書の成り立ちや解読方法を少しずつ学んでいきます。東北大学所属で、興味のある方なら誰でも参加できます。授業ではありませんので、途中参加でも大丈夫です。「昔の日本語」の世界を体感しに、気軽に足を運んでみてください。
    2018年度まで毎年開催してきました学生向け古文書講座「古文書を読む会」は、2019年度より「川北古文書学習会」となります。

    <川北古文書学習会>
    内容:江戸時代の古文書を輪読します(ゆっくり進めます)
    日時:第1回は4月18日(木)の13時~1430
       (以後毎週木曜日13時~1430分開催予定)
    場所:東北大学川内北キャンパス川北合同研究棟436教室
       (仙台市青葉区川内41/地下鉄川内駅下車)
    費用:無料(資料はこちらで用意します)
    対象:学生・大学院生でも職員でも、東北大学所属で興味のある人なら誰で
       もOK

    持ち物:筆記用具
    お問い合わせ:部門助教・藤方博之まで 

  • 2019年度東北大学夏季古文書講座【大学生および大学院生対象】の受講者を募集しています。
    このたび、大学生および大学院生を対象にした夏季古文書講座(集中講義)を開催いたします。受講者のみなさんに江戸時代の古文書に関する知識や読み方を学んでいただき、歴史資料保全や地域史研究に関心を持っていただくための講座です。これから歴史学を勉強したい、あるいは歴史資料の解読方法を習得しようというみなさんに是非ご参加いただければと思います。

    【主催】
     東北大学東北アジア研究センター上廣歴史資料学研究部門
    【問い合わせ先】
     荒武賢一朗 kenichiro.aratake.c2(at)tohoku.ac.jp
     詳しくは→PDFファイル参照


    ※申し込みの受付は終了いたしました。

                                          

                     
                                                                   
                                                
                                                                                                                                         
                                                                                                                                                                                                  
                                                                                                                                                                                               
                                                                    
                                                                                                           

                                                                                                    
                                                                    
                                                                                                             
                                                       

バナースペース





















東北大学東北アジア研究センター
上廣歴史資料学研究部門
〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41
TEL 022-795-3196,3140
FAX 022-795-3196,3140